2023年08月05日

7月8日のドル円シナリオ構築

金曜日は、4時間レベルで三尊を右肩を作り、雇用統計後にネックラインを割って更に下落する流れでした。
もう少し右肩を作るかなと見ていましたが、4時間MAに抑えられレンジとなり、指標から下落する形となりました。

私は、ゴールドで大きくは日足逆三尊の右肩底付近と見ていたので、底付近でレンジとなってましたので、レンジを抜けたところに木曜日から指値を入れていました。
雇用統計発表後にブレイクしてくれたので、伸びたところで利食いし手仕舞いしました。

ここからのドル円ですが、ドルと円を見ると、形的には円が強く見えますが、上値が少なく、一度そろそろ弱くなりそう。
とはいえ、ドルも弱くなってきているので、その辺りのバランスも見ていかないといけないと考えています。

その上で、ドル円1時間足で見ると、強めのサポートを割り込んで、リターンムーブして下落開始のように見え、もう少し下落してもおかしくないように見えます。
私はすぐにショートするのではなく、戻り売りで考えています。
ただ、日足では高安値切り上げており、現時点では、その調整の下落とも大きくは見れるので、底固めする動きとなれば、注意が必要と考えています。
E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E383882028130729.png
posted by テツランド at 11:45| 大阪 | Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください