2022年08月20日

8月22日〜来週のドル円シナリオ構築

おはようございます。
今週は、どちらかというと、短期トレードメインで何度かトレードしました。
また、久々に指数系、ナスダックとダウの形がショートエントリーとして、わかりやすかったので、エントリーしました。
週末なので利食いを迷いましたが、下落の勢いもあったので、持ち越しました。

改めて、短期トレードより、今回のダウや、ナスダックのように、分かりやすいところをロットを積んでしっかり取りにいく。それまではしっかり待つ方が、無駄な意志力を使わなくてよいので、疲れずに他の事に集中できると感じたトレードでした。

来週のドル円シナリオ構築です。

・月足環境認識(上昇トレンド)
先週まではどちらにも動けるような形をしていましたが、買いの強さが目立ちました。
先月の月足では調整があってもよいかと見ていましたが、今のところ、月足レベルではなく下位足レベルでの調整から上昇、実体を伸ばしてきています。
ただ今の価格としては、先月、先々月とも髭で打ち消されていて、売りが強い領域です。
今回も髭となるのか、売りを吸収できるのかを見ていきます。

・週足環境認識(上昇トレンド)
先週、先々週と下落を試しながらも、下髭で戻される展開で底堅さを見せていました。
とはいえ135円からは売りも強くレンジの可能性も見ていましたが、あっさりブレイク。
先週の陰線を包み、実体も大きな下髭のある大陽線となりました。
ただ、長く続いた上昇トレンドラインを割った後の上昇、リターンムーブの段階と見ることもでき、ここらで上値が重くなるのかどうかを見ていくことで、今後の動きが見えてくるのではないかと考えています。
なので、その動きを下位足で確認してはいきます。
E4F20BA0-CADC-424E-82E0-601469F2E5C1.png
週足

・日足環境認識(上昇トレンド)
高値切り下げ安値切り上げの状況から、値を伸ばし、高値を更新、右肩上がりのダブルボトム完成させてトレンド回帰しました。
日足で三尊完成させて、下落3波となるのか、三尊否定される動きとなるのかを見ていました。
結果として三尊否定の動きとなり、ショートカバーを巻き込んで今週は強く上昇しました。
ここからの上昇は、このまま一気に高値更新というよりは、仮ですがチャネル上限でもあり、その上には前回割った上昇トレンドが控えていて、上値が重くなる展開を想定しています。
高値トライするには、レンジまたは押し目を作って調整が欲しいところと見ています。
ただレンジになると、天井固めをしてくる可能性も考えられるので、見極めていきたいと思います。
324D22F5-0C5D-40D7-B8E5-19B75F31AF9A.png
日足

〈来週の戦略〉
基本、押し目買いを考えています。
イメージとしては天井を固める動きではなく、135円付近までの調整、底固めを見てロングを狙っていきたいと考えています。
ですが、レンジを作りながら、ディセンデングや三尊など、天井を固める動きをしてくるならば、逆張りにはなりますが、短期でショートも検討。
ですが、逆張りショートは無理にやる必要もないので、場合によっては少しの間、入りづらい展開になるかもしれないと見ています。
AD4C1960-828A-419D-ADA5-0107AC7CE581.png
4時間足
posted by テツランド at 09:46| 大阪 ☁| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください