2022年05月21日

来週のドル円シナリオ構築

おはようございます。
今週もトータルで利益を出す事が出来ました。
一つ、チャートが少し見れない時間があったので、指値ショートをしてそれが刺さりましたが、トレード足が指値した時に想定していた形と違っていたので、建値で逃げたトレードがありました。
結果として大きく下落となりましたが、特に感情がザワザワすることもなく、結果としてこの下落は取れませんでしたが、下落途中に焦ってルール無視のショートもやらなかったので、長い目で見てもよかったです。
また、分析をして、環境認識としてしっかりと高いところでショートする準備ができていたところもよかったと思いました。

改めて、今後も目先に捉われずに、将来のリターンのために何がよいかを考えて行動していこうと思うトレードでした。

来週のドル円シナリオ構築です。

・月足環境認識(上昇トレンド)
今月に入り、売り圧力が顕在化してきており、現時点で上下髭のある陰線。
先月と先々月が異常なくらいの大陽線の為、錯覚してしまいますが、それなりに大きな値幅です。
髭で見ると少しだけ高値越えていますが、実体だけで見ると、高値圏で陽陰のはらみ形成中。
今月も終盤に向かっていきますが、更に陰線を伸ばしてくるのかどうかを見ていく事になりますが、月足レベルの逆三尊のネックラインにほぼタッチして反発していますので、ここから買い圧力が出てくるのかを下位足で流れを見ていきます。

・週足環境認識(上昇トレンド)
先週、9週連続して陽線をつけた後、久々の陰線となり、それが髭を含むと陽陰の包みとなってましたが、それを引き継ぐ形で先週より、そして下髭はあるものの実体部分が大きな陰線となりました。先週の下髭を、今週の陰線実体でほぼ打ち消しており、現状で売り圧力が増していると見ています。
ただ、月足レベルの逆三尊ネックラインにサポートされて反発しているのも事実。この反発が今週時間切れのものなのか、反発が弱いのかを来週、見極める必要があるかなと考えています。
947637AA-D033-46F0-B3A0-3696962D5C0A.png
週足

・日足環境認識(下降トレンド)
今週は高値更新、安値更新した状況の中で、目線は戻り売りのスタンスではありましたが、どのように方向感が出てくるのかを見ていくところから始まりました。
先週初めに高値から木曜日につけた大きな陰線の下落の波に支配されていることもあり、売り圧力が増してくるであろうと見ていた中で、迷いつつも下落を強めていく流れから高値切り下げ、安値更新して久々のトレンド転換となりました。
しかし、下には強いサポートが控えており、売り買いの攻防が強まり可能性があるかなと見ています。
その中で、更に売り圧力が増してくるのか、底固めをしてくるのかを、下位足で見ていきたいと思います。
BDE8A595-FAE1-4B42-B680-4A339AF50F54.png
日足

〈来週の戦略〉
月足、週足では上昇トレンドではありますが、日足トレンド転換しており、大局をどの時間軸で考えるか、トレードスタイルで変わりますが、戻り売りで考えています。
しっかりと天井固めをしてきている状況、右肩下がりの三尊形成中でもあり、完成させてくるのかを見ています。
また、ここから少し戻してきて、右肩を形成してくる展開で、更に大きな三尊を作る可能性も想定しています。
右肩作るのであれば、最大日足MAと重なる月足レベルのレジスタンスの129.4くらいまでの戻りの可能性も想定しています。
ただ売り圧力の強さによっては、下降トレンドラインに押さえられて下落、現状の少しの戻りからの下落も考えられます。
しっかりと波形の認識を確認して、エントリーポイントで売れる形を作ってきたら、狙っていきます。
20B0EC8A-F25B-41D1-84A0-75EDEF34EFF2.png
4時間足
posted by テツランド at 10:09| 大阪 ☁| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください