2022年04月27日

4月27日のドル円シナリオ構築

おはようございます。
昨日は下落から始まり、上昇トレンドに守られて切り返し、そして逆三尊形成する動きを見せましたが、否定されて上昇トレンドを割り下落。
その後上昇トレンドをリターンムーブする形で下落という流れでした。
日足では少し下髭のある大きな陰線となり、4月19日に127円抜けた時の大陽線を、6営業日かけて打ち消してきました。
下落調整4波の途中と見ています。

私は、昨日の朝、シナリオ前に下位足でダブルトップ完成のところに指値を置いてたところ、ショートエントリーできました。6割ほど利食い、残りはチャート見れなく建値でロスカットされていました。
その後もイメージ通りの展開、少し戻してから再度下落。戻りが夜中でしたので、エントリーできませんでした。

ここからですが、基本戻り売りを考えていますが、底固めからの日足上昇5波がどこで開始するかを見ていく事も必要と考えており、環境認識をしっかりと見ていかなければと考えています。

下位足では4時間レベルで、仮ですが緩やかな下降チャネルの中で下限付近、更に1時間レベルで下降チャネルでの動きもチャネル下限付近、更に月足レベルの逆三尊ネックライン付近をリターンムーブしており、ここで守られる可能性も考えられます。
この辺りで底固めしてくるようであれば、ネックライン割れ撤退ならリスクが軽減出来るので、ロングも検討したいと考えてます。
底固めが弱く、戻りを見せてくるようであれば、何らかの形でショートしようと考えてます。
7CDA7DBB-7CEA-4932-A81E-2EA51B71C0B0.png
posted by テツランド at 08:21| 大阪 ☔| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください