2022年03月30日

3月30日のドル円シナリオ構築

おはよう御座います。
昨日は、高値を切り下げるのか、125円台を目指すのかという動きから始まりましたが、売り圧力が勝り、高値切り下げ、安値切り揃えていくディセンデングトライアングル形成の流れを作る展開。
結果、ディセンデングトライアングルを完成し、下落を強め122円付近まで、そこからやや反発しています。
日足では久々の陰線ですが、上髭をつけて一定の売りの圧力は確認できていますが、下髭も長く、下げてくると、まだまだ調整の押し目であり、買い圧力も健在という印象です。

私は、ディセンデングトライアングル形成の中、下降トレンドライン付近でダブルトップを完成させたのでショートし、4分の3を分割利食い、残りは建値移動させながら保有しています。

ここからですが、私はまだショート保有しているので、下落を追っていきます。
イメージとしては、短期下降チャネルの動きを想定していますが、上位足では、押し安値をまだ抜けておらず、下降トレンドラインを抜けていけば、ショート勢の撤退などが考えられ、ロング勢の勢いが増してくるシナリオも想定しています。
そうなれば、残りのショートは利食いして暫く様子見して、チャンスを狙っていきます。
80257B93-184D-4A86-90B3-33CA0A306FED.png
posted by テツランド at 08:51| 大阪 ☀| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください