2021年06月21日

6月21日のドル円

おはようございます。
金曜日は、木曜日の強い下落からレンジっぽい動きを見せて下抜け、110円割れたところには日足ベースの水平線サポートに守られて反発。
ですが、上にも売りの圧力があって下落と乱高下して終わった印象。
日足では上下長い髭の陽線のコマになりました。

私は、ショートを保有してましたが、レンジ下抜けしたので、109.34にカット移動させましたが、反発時にカットされてノーポジとなりました。

ここからですが、金曜日の日足の形状から赤の四角の中のレンジが少しの間、続くのではないかなと見ています。
その中で、どういう形状ができるのかを見ていきます。
売りが強ければ、110円から109.95辺りをネックラインとしたディセンデングトライアングルの可能性、買いが強ければダブルボトムやアセンディングトライアングルのようなイメージです。
しっかりと形状を見極めてからエントリーをしていきます。
E6107F8A-A0CD-45FD-8918-83B110D22009.png
posted by テツランド at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください