2024年03月11日

今週の展望と3月11日のドル円シナリオ構築

おはようございます。
先週は、日足レベルでしばらくレンジが続いていましたが、下抜けする展開となりました。
ロングの決済や新規の売りで大きく下落する流れとなりました。
先週は、前週の週足から、大きく下落の可能性を見ていましたが、その流れとなりました。
週足では大陰線となり、週足MAも下回りました。
そして日足をみると、レンジ下抜け前に日足MAを下抜け、そのまま押さえられ、そのまま下落する流れとなりました。
月曜日は陽線となりましたが、翌日は陰線でほぼ包み、4日連続で陰線となりました。そして日足の押し安値に近づいてきています。

そして先週金曜日は週足MAで支えられるかどうかの場面でしたが、強く下抜けて146円半ばまで一時下落し、反発したものの売り圧力が強い印象です。

米の長期金利は下落していますが、耐えれるかどうかの場面、ドルインデックスレジサポを下回っていて、上がレジスタンスが機能し、リターンムーブしそうな流れであり、ドルが弱くなっており、どこでドルが強くなってくるのかがポイントと見ています。
逆に円インデックスがダブルボトム完成からのリターンムーブをしており、どこまで円が強くなるのかという展開となっています。

私は、先週はあまりチャートを見る機会がなく、ドル円のショートのタイミングを外し、下落を取り損ね、現在はどこで反発する動きとなるのかを見ています。

ここからですが、基本戻り売りを狙っていますが、戻りも大きいのではないかと想定しています。
なので、短期ロング目線から、大きく戻したところでは、売りに切り替える想定をしています。
日足押し安値を割らずに守られるのか、割ってきてから戻すのかを現状は見ています。
E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E383882028154629.png
posted by テツランド at 09:25| 大阪 ☀| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする