2022年03月09日

3月9日のドル円シナリオ構築

おはようございます。
昨日は位置的にはどうかですが、陰陽のはらみで始まりました。
115.5から上は売りの圧力が強い領域であり、値頃感からショートが入りますが、買いの強さが勝り上昇、その繰り返しの動きのように感じました。
日足では上髭のある、前日とほぼ変わらないくらいの実体の大きさでした。

私は、短期ショートを試みましたが、ロスカットとなりました。

ここからですが、昨日まで引いていた下降トレンドラインを引き直しましたが、ちょうどその付近であり、レンジ上限、更に売り圧力の強い領域から、上値は重そうです。
しかし、買いも強く、売り買い拮抗してレンジをイメージしています。
どちらかに抜けると大きく動くような展開を想定。

また、週足では陽線を大きく伸ばしていますが、115.5より上は髭で押される展開が続いており、今回も上を試すも髭で押されて週足確定するかどうかも見ていきたいと思います。

私は、今日と明日は夜まで外に出るのでトレードをしないというルールがあるので、戻ってきたら再度チャートの動きをチェックしていきます。

E8186179-9CD6-4C50-9BEE-FF1A9581390E.png
posted by テツランド at 08:24| 大阪 ☁| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする